ピックアップ記事

mahouseki
私達を手に入れて見ないか?

●【実録】魔法石を無料で入手するためのたった1つの方法
●魔法石をプレゼントやチートを使わず、大量に手に入るのか検証してみた。

【パズドラ】初めてのヘラ・ウルズ降臨攻略とパーティー解説!

まだまだ続く、初めての降臨ダンジョンシリーズ。
第7弾の今回は「ヘラ・ウルズ降臨!」について書いていきましょう。
例のごとく長くなるので、腰を据えてお付き合い下さればと思います。

ヘラウルズ降臨で手に入るのは、勿論「ヘラ・ウルズ」。
火と闇の二重属性を持ったヘラですが、残念ながらギガグラ使いではありません。
しかしリーダースキルで悪魔タイプの攻撃力3倍と、スキルで火&闇ドロップの攻撃力を強化してくれるので、通常攻撃での高火力が欲しい時にはうってつけのモンスターです。
悪魔タイプって、強力なモンスターが集まってるグループの1つですしね。

スポンサーリンク

さて、攻略についての解説へ入りましょう。
ヘラウルズ降臨の難易度は地獄級と超地獄級の2種ありますが、今回は「初めての」ということなので、地獄級を基準に書いていきます。
あ、勿論ドロップ率は超地獄級の方が高いですよ。

まず、このダンジョンの特徴を書き出してみますね。
1つ目は全体的に敵の攻撃力が高いこと。地獄級でも1万超がポンポン飛んできます。
2つ目は、全ての敵が途中で属性を変えること。HP半分を境に属性が変わるので、行動パターンと与ダメージの変化に注意です。
3つ目は、10ターンバインドが2種類存在していること。片方はランダム1体ですが、片方は水属性バインドになっています。超地獄級だともう1種増えますが…。
4つ目は、ボスに状態異常が効かないということ。初回行動(超地獄級では先制)で状態異常無効スキルを使ってくるので、威嚇を使えるのはその前までです。
これらの内2番目と3番目を見ると、敵の属性が火属性よりだからと言って水パーティを組むのは危ないかも…?

特徴を踏まえ、次は敵の編成を見てみましょう。
1F 炎のアイスオーガ炎のアーマーオーガ
ヘラウルズ降臨1F
最初の階層は筋骨隆々のオーガ2体がお出迎え。行動ターンは前者が4後者が3です。
彼らは初回行動が厄介で、炎のアイスオーガが羽交い絞めでランダム1体を10ターン、炎のアーマーオーガがウォーターバインドで水属性を2~4ターン拘束してきます。
バインドを切り抜け、HPが半分を切り属性が変わると、今度はフレイムストライクで16,715 or 13,055ダメージを与えてくるように。
スキルを溜めるならこの階層が最適ですが、アイスオーガは防御が低いので、うっかり削り過ぎで倒してしまう事故に注意してください。
次の階層に備え、HPを7000程度残しておく必要がありますので。

2F 炎聖騎龍・フォーミュラー
ヘラウルズ降臨2F
先制攻撃(6,425ダメージ)持ちかつ毎ターン行動のフォーミュラーさんです。
防御が低く、HPも55万程度なのでしっかりコンボを重ねれば倒せる相手でしょう。
長期戦に持ち込む場合は、HP半分以下で繰り出してくるフレイムバースト(12,850ダメージ)に警戒する必要があります。
ここでやられるようなら次の階層以降でもやられまくるので、素直に諦めたほうがいいかも。

3F 碧炎星・イフリート
ヘラウルズ降臨3F
敵がくっそ固い(防御力600,000)の一言の階層です。
毎ターン行動かつ、状態異常無効にしてくるので時間稼ぎがしにくいです。一応、状態異常無効スキルを初回で使う前なら威嚇も効きますが…。
属性変化前は5,874、変化後は8,812ダメージを与えてくる上、属性変化直後に水属性バインドをかけてくるので厄介な敵です。
HPが44あるので、削り殺すのはちょっと大変かもしれません。素直にスキルを使った方が楽でしょう。

4F 戦女神・ダークミネルヴァ
ヘラウルズ降臨4F
フォーミュラーと同じく先制攻撃があるバトル。うっかりHPが5,665以下だったりすると、ここで1コンです。
彼女はイフリートと同じく通常攻撃をしません。なので属性変化前は5,666ダメージ、属性変化後は闇属性バインドと1ターンのチャージを挟んでから、最大10,200ダメージを叩き出すスキルを使ってきます。
これらの特徴のお陰でサタンパーティの天敵だったりしますが、威嚇などは効きますし、全く歯が立たないということはありませんのでご安心を。
ただ、超地獄級だとバインドのターン数が10になるので…むにゃむにゃ。
あ、次の階層に備えて、この階層では攻撃スキルを使いすぎないように。

5F 覚醒ヘラ・ウルズ
ヘラウルズ降臨5F
ラストバトルは勿論ヘラウルズが登場します。
彼女のステータスは、HP1,268,049、攻撃力10,802、防御力40、毎ターン行動と分かりやすく攻撃寄り。
そう言われると時間稼ぎをしたくなりますが、初回行動で状態異常を無効にしてくるので、威嚇などの搦手はここでも通用しにくいです。
しかも、2ターン目には水属性を10ターンバインドしてくるので…ここで水属性メインだと、確実に1コンです。バインドはこの1回だけではあるんですけどね。
属性変化前は14,583ダメージを与えてくるフレイムピラー、属性変化後は18,363ダメージのハイキックを高確率で使用するので、回復をお忘れなく。
HPが3割を切ったあたりで「魔力を開放した」と出た後は発狂モード64,812ダメージのグラビトンボムの嵐になるので、出来ればそれ以上行動させず倒しきりたい所。
基本的には、長期戦よりは短期決戦の方が戦いやすい相手かと思われます。

敵についてはこんなところでしょう。
次は、攻略用のパーティ解説に移ります。

ヘラウルズ降臨を攻略するためのパーティは色々ありますが、大まかに分けると高火力か高耐久かです。
マックスむらい氏はホルスパーティを使ってましたよね。高火力パーティはエジプト神の他、ゼウス、五右衛門、四神等ポピュラーなものが名を連ねています。
一方耐久パーティは、天ルシやアスタロトなど高ダメージを確保できるパーティの名前が上がっていたり。
どちらにせよ、イフリートとヘラウルズの対策として高ダメージスキルが必要になります。

天ルシがあるなら、LF天ルシ、Sギガグラ要員2体、虹の番人、回復要員、といった風のパーティを組めば攻略可能でしょう。
この場合、回復力9000以上が推奨です。
また、レアガチャで獲得できるメンバーがあまりいない!という時は…。
LF覚醒ゼウス、Sエキドナ、エキドナ、ヴァルキリー、ヘライースといったパーティを組むと良いでしょう。
ヘライースのところは、毒持ちや防御無視攻撃要員と入れ替え可です。水か闇であれば、バインドで1ターンを稼げます。
HPと回復力が高めであるに越したことはないので、パーティメンバーのレベルは高めで行きましょう。

天ルシパーティの場合は4Fから本格的にスキルを使用し、ヘラウルズ戦はある程度削ってからギガグラ+明星2発で。
ゼウスパーティの場合は適宜威嚇を使用しつつ4Fまで突破(毒などは3Fで使用)し、ヘラウルズはゼウスのスキルと変換で削りきりましょう
どちらにせよ、スキル溜めを怠ると勝てません。

回復が多少必要な悪魔パーティを組む場合、ヘラウルズは必須になるので是非このダンジョンはクリアしたい所。
この解説が初めての人の攻略に役に立つと、書いている人としてはとても嬉しいです。


mahouseki


テラバトまとめ

いかがでしたでしょうか?参考になりましたら幸いです

もしも当記事を読んで役に立っていただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。
mahouseki
魔宝石を完全にタダで手に入れる裏ワザ

サブコンテンツ

このページの先頭へ

光熱費が安い