ピックアップ記事

mahouseki
私達を手に入れて見ないか?

●【実録】魔法石を無料で入手するためのたった1つの方法
●魔法石をプレゼントやチートを使わず、大量に手に入るのか検証してみた。

【パズドラ】初めての女神降臨攻略とパーティー解説!

本日二回目の更新は、初めての降臨ダンジョンシリーズ第4弾ということで、「女神降臨!」について書いていきましょう。

女神降臨は「白盾の女神・ヴァルキリー」が登場するダンジョン。
難易度は地獄級と超地獄級の2種で、「ワルキューレ」が確定ドロップするのは超地獄級の方となっています。
ただ、初めて攻略する際は地獄級の方が難しくないので、今回はそちらをメインに解説していきますね。
ヴァルキリーはスキルの攻撃態勢・光が便利なモンスター。リーダースキルも回復タイプメインのパーティには非常に重宝するものです。
ゼウスパーティ等に便利なので、ぜひ手に入れたいモンスターのひとつでもあります。

さて、女神降臨ダンジョン地獄級の攻略の際に注意するべき点は2つ。
敵の属性がまんべんなく広がっていることと、ヴァルキリーがHP全回復スキルを持っていること
前者はもうお馴染みですが…後者については、火力が低すぎると倒す事が出来ない、ということでもあります。
なので、今回は耐久パーティを組む場合もある程度の火力を確保する必要があるのです。

スポンサーリンク

では、そんな前提を頭に置きつつ、女神降臨地獄級の敵編成を見てみましょう。
超地獄級も大体同じですが、ステータスやダメージが上がったものとなっています。

1F 各属性のデビル1体ずつ
女神降臨1F
見覚えのある顔ですね。1ターン行動ダメージは1体につき3,500前後です。
時折3ターンの間攻撃力を1.5倍にするスキルを使ってくるので、あまり長居はしないほうが賢明。
行動の早さとスキルのせいで、こちらのスキル溜めに使うのは不向きです。
回復力によっては、1体残して溜めてみても大丈夫ではあるんですが…。

2F 神化の紅面神化の蒼面神化の碧面 + 神化の金面神化の黒面神秘の仮面から1体
女神降臨2F
若干編成がややこしいですが、要は仮面が4体出現します。
神秘の仮面以外は行動が遅めなので、ラッシュで削り殺すのが楽でしょう。
また、属性バインドを使ってくるので、該当属性のメンバーが居るバインドを使う仮面を優先して潰すこと。
スキル溜めをするならば、この階層で1体敵を残して粘るのが一番やりやすくなっています。
ただし、神秘の仮面が出てきた場合は、最後に残さないように。毎ターン攻撃が来るので地味に痛いです。

3F ダークゴーレムMk-Ⅲ
女神降臨3F
このダンジョンの中ボスにあたる敵です。
HP869,653、攻撃力11,319、防御力1,150、3ターン行動
5ターンの間攻撃力を1.25倍にする攻撃態勢と、ジェノサイドビットという攻撃スキルを所持しています。
行動がやや遅めなものの素の攻撃力が高いモンスターで、HPが減少(35%以下)して攻撃スキルを使いはじめると、最大25,470ダメージを叩き出すので厄介です。
2Fでスキルを溜めきれなかった場合には、一応ここでもスキル溜めは可能ですが…相手のHP残量に注意しましょう
スキルを溜める必要がない場合は、回復ドロップを残しつつなるべく早く倒してしまいましょう。

4F 火炎獄・パイロデーモン氷結獄・フロストデーモン樹海獄・タウロスデーモンから2体
女神降臨4F
デーモンが2体登場する階となっています。事によると、ここが一番厳しいかも…。
デーモンたちは毎ターン行動で、一体につき通常攻撃であれば6,583~6,792、スキル攻撃であれば11,850~12,228ダメージを食らわせてきます。
なので、出来れば威嚇でターンを遅らせるか、素早く数を減らすかしてしまいましょう。
それぞれの弱点属性に対しバインドを使ってきますが、該当の属性がいなければ気にする必要はありません。
次の階層がボスなので、出来ればここでもスキルを溜めなおしておきたい所です。

5F 白盾の女神・ヴァルキリー
女神降臨5F
このダンジョンの名前にもなっている、女神が待ち構えている階層です。
ステータスは、HP2,722,377、攻撃力6,297、防御力2,400、1ターン行動となっています。
ただし通常攻撃は行わずダブルスラッシュを繰り出してくるので、実質の攻撃力は12,594です。
HPが減ってくると、最大28,335ダメージを叩き出すヴァルキュリアブレイドも攻撃に加わってきたり。

それ以外にも、ヴァルキリーは戦闘開始後初めての行動で、10ターンの間状態異常を無効にする乙女の白盾を使い、それ以降効果が切れる度にかけ直すので、威嚇などを使えるチャンスが非常に限られています。
また、最初の乙女の白盾の後には、グレイプニールでランダム2体を5ターンバインドしてくるので、そこで戦闘のペースが乱されがちでもあります。
とはいえ、それらはまだ障害としては小さい方。ヴァルキリー攻略において最大の壁は、HPを全回復するリザレクションなのです。
HPが50%を切った最初の1回はほぼ確実に、それ以降は低確率で使ってくるこれは、それまで削ったHPを元に戻してしまいます。
低確率とはいえ、時間がかかればかかるほど使う可能性が高くなりますから…確実に仕留めるには出来るだけ早くHPを削り切る必要がありますね。
ちなみに、威嚇で最初の行動ターンを遅らせた上でHPを50%以下にすると、乙女の白盾よりも先にリザレクションを使ってきます
倒すのは大変ですが、ワルキューレ-を手に入れるには彼女に勝つしか方法がないので頑張りましょう。

敵の解説はこんな所で。次は、攻略パーティの解説をしていきますね。
受けるダメージが高めかつ、ある程度以上の火力がボス戦では必要な女神降臨。ここを攻略するなら高火力パーティか、耐久パーティが向いています。
連続攻撃を受けることになったり、敵が複数登場するバトルが多いので、残念ながらゾンビパーティは使えません
初めての攻略では高火力パーティを持っている可能性は低いでしょうし、天ルシ耐久パーティがうってつけといったところでしょう。

このダンジョン攻略用に天ルシパーティを組むならば、パーティのテンプレートは
LF天ルシ Sギガグラ要員3体、エキドナ
と簡潔なものになります。ギガグラ要員は、ヘラやヘライース、ハーデスなど持っているものを使いましょう。
3体もいない場合は、そこに虹クリやヴリトラなど闇属性で反撃スキルを持っているモンスターを加えるか、
エキドナを外して、そこにイービルセレスやムーンライトカーバンクルなどの回復スキル持ちを入れ、もう片方は虹の番人やタナトスなどの防御系(回復ドロップに変換も含む)のスキルを持っているモンスターを入れましょう
4体いるんだけど、という場合は…全部入れてみても面白いかもしれません。その場合は、回復ドロップの消費にご注意を。

そして肝心な戦い方ですが、
1Fでは光属性のデビルを優先して倒し、スキル溜めをしながら一体一体倒していきます。
2Fでも光属性の仮面がいる場合はそちらを優先。ここでも出来るだけスキル溜めをしましょう。
3Fでようやくギガグラの出番。ぶっ放した後、スキルを溜めなおして下さい。溜め終わったら明星でケリを付けます。くれぐれも、回復を使いきらないように
4Fに入ったところでは明星のせいでHPが1なので、まずは回復か威嚇で体勢を立て直しましょう。そしてすかさずギガグラと明星で、バインドが脅威になる方のデーモンを倒します。そして片方残して再びスキル溜めへ。溜め終わったら通常攻撃でこのバトルを終わらせましょう。
ラストのヴァルキリー戦は、なるべくリザレクションを使わせたくないのでスキルで一気に畳み掛けます。ギガグラ要員が2体の場合はまず30万ほどダメージを与えてからスキルを使って下さい。

また、天ルシ持ってないんだけども、という場合は…LF覚醒ゼウスにして、残りはギガグラ要員と威嚇要員にするパーティでも攻略は可能です。
この場合の戦い方は天ルシパーティの場合と同じくですが、攻撃力が高くなる代わりに回復が弱くなるので、ちょくちょく回復ドロップを溜めておく必要があります。

ちなみに、新しめのパーティとして、ドラウンジョーカー等闇属性半減リーダースキルがあるモンスター魔石龍を使ったパーティがあります。
この場合は、まずフレンドを天ルシにして闇半減をリーダーにしましょう。
魔石龍はサブに入れるのですが、チョイスはヒヒイロカネやオリハルコンなど、リーダーとは別の属性を半減できるものにして下さい。残りのサブは、ギガグラ要員で埋めてしまいます
このパーティの戦い方ですが…1~2Fでは半減できない敵から倒し、3Fはギガグラ1,2回使ったあとスキルを溜めなおして倒します。
4Fではギガグラ2回+明星を使い、現リーダーで半減できない敵から潰しましょう。半減できないデーモンしかいない場合はリーダーチェンジを。
最後のバトルは、計算機片手にHPを175万(63%)まで削り、ギガグラ3回と明星を使って倒せば攻略完了です。

長くなりましたが、女神降臨についての攻略はこんな所です。
次の女神降臨が初めてという人や、ポリンの塔が来るまでは女神降臨でヴァルキリーのスキル上げがしたいという人に、この記事が助けになると嬉しいですね。


mahouseki


テラバトまとめ

いかがでしたでしょうか?参考になりましたら幸いです

もしも当記事を読んで役に立っていただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。
mahouseki
魔宝石を完全にタダで手に入れる裏ワザ

サブコンテンツ

このページの先頭へ

光熱費が安い