ピックアップ記事

mahouseki
私達を手に入れて見ないか?

●【実録】魔法石を無料で入手するためのたった1つの方法
●魔法石をプレゼントやチートを使わず、大量に手に入るのか検証してみた。

【パズドラ】金曜ダンジョンとダブミスリット入手方法!

進化素材として普段必要なモンスターは、番人や仮面の他にもまだ2種類あります。
そのうちの片方、リット系でも最も数が必要になるダブミスリットと、その入手経路の1つである金曜ダンジョンについて、この記事では書いていきますね。
ダブミスリット
ダブミスリットの入手方法は1つではなく、金曜ダンジョンに挑戦する他、「星空の神域」「イーリスの虹の丘」「ジュエルの塔(超級)」でもドロップします。また、レア素材出現イベント中の友情ガチャでも獲得可能です。
どの方法でもドロップ率と出現率の関係で楽には手に入りませんが、スタミナ効率と副産物を考えるにドロップ1.5倍時の「イーリスの虹の丘」を周回するのが最もお得でしょう。
しかし、ドロップ率2倍時ならば他のリット系を探すついでに金曜ダンジョンに挑戦するのも良いかもしれません。

その金曜ダンジョン「精霊の祠」なのですが、注意が1つ。ダブミスリットが出現するのは上級の方だけです。
ちゃんと「精霊の祠 上級」となっているので、挑戦する際はよく名前を見て間違えないようにしましょう。
バトル回数は全5回、スタミナ消費は25と多めです。

スポンサーリンク

次は、「精霊の祠 上級」の敵の編成をざっと解説しますね。
1Fでは各種リットが1体ずつ、計5体(昔は6体いました)出現します。行動は3ターン間隔。とても弱いです。
2~3Fでは各種リット、各種ダブ○○リットが混成で出現します。2Fでは火・水・木から2体3Fでは光・闇から3体です。
ダブ○○リットの行動は3ターン間隔、攻撃力は6666、防御力は100000、HPは10となっています。

4Fではダブルビリットダブサファリットダブエメリットのパーティが出現。能力値は前述と同じくです。
精霊の祠上級4F

ラストフロアである5Fではダブトパリットダブアメリット、そしてダブミスリットがボスとして出現します。
精霊の祠上級5F
ダブミスリットのみ、行動が5ターン間隔で攻撃力が7777、防御が100000でHPが15と他よりちょっと手強かったり。
稀に、1~4Fでも単体で出てくることがあるので、その場合はしっかり倒しましょう。何故なら、その時のみダブミスリットが確定ドロップするのですから。

金曜ダンジョンは見た感じ、水曜ダンジョンよりも敵が固くなって攻撃力と攻撃頻度が低くなったものとも言えます。
なので、攻略方法も似たようなものが通用しますはもちろん、固定ダメージ防御を0にするスキル属性を問わないダメージ減少系スキルが有効でしょう。
サキュバスとその進化形や、シヴァなんかが活躍しそうですね。
また、仮面よりもHPが低いのでパーティの属性を揃えてタコ殴りにすれば、貫通はしなくても削り切ることが可能です。
後述の理由で、ド根性+回復パーティを編成してゴリゴリ削っちゃうほうが楽かもしれませんね。

そう、金曜ダンジョンの上級には注意点が1つあります。
それは、スキル溜めに唯一向いている階層である1Fの敵が弱すぎること。
各種リットはHPが多くても300ちょいしか無いのに、防御もたったの3です。
全くドロップを弄らなければ倒してしまうことはありませんが、残念ながらスキルも溜まりませんのでどうにか時間を捻出しなくてはなりません。

敵が弱すぎる事への対策は、まずパーティの属性を統一すること。毒パーティの場合は闇がいいでしょう。
その上で、攻撃につながらない他の属性のドロップを消していくことです。画面上部で消してうっかりコンボ発動の可能性を限りなく減らしましょう。
このテクニックを覚えておくと、敵が貧弱すぎてスキルが溜められないという事は少なくなるかと思います。

そうして1Fで必要なだけのスキルを溜めたならば、後はそのパーティのやり方でザクザク敵を倒して行きましょう。
混成パーティと当たる場合はできるだけダブ○○リットから倒し、事故の可能性を減らしていけば尚よろしいです。
ボスのダブミスリットの攻撃は遅めなので、焦らず戦いましょう!

金曜ダンジョンでのダブミスリットのドロップ率はかなり低いですが、数少ない手に入れる機会なのでドロップ率2倍の時はかかさず回りましょう。
その時の攻略に、この記事が参考になるととても嬉しく思います。


mahouseki


テラバトまとめ

いかがでしたでしょうか?参考になりましたら幸いです

もしも当記事を読んで役に立っていただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。
mahouseki
魔宝石を完全にタダで手に入れる裏ワザ

サブコンテンツ

このページの先頭へ

光熱費が安い